日本語 (JP)

  • CoinDesk
  • CoinJournal
  • CoinPost
ブロックチェーンデータ、弱気相場でのビットコイン長期保有を明らかに

暗号資産関連のツイートを見ていると、昨年の弱気相場の間、ビットコイン(BTC)を保有し続けたと一部の投資家がツイートしているのを目にしたことがあるだろう。実際、 ... The post ブロックチェーンデータ、弱気相場でのビットコイン長期保有を明らかに first appeared on coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン.

アラメダのウォレット、一晩で1000万ドル以上のステーブルコインを受け取る──その理由は不明

Nansenのデータによると、破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの関連会社アラメダ・リサーチ(Alameda Research)のウォレットが、取引所ビッ ... The post アラメダのウォレット、一晩で1000万ドル以上のステーブルコインを受け取る──その理由は不明 first appeared on coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン.

FTXに投資したVCの責任は?【コラム】

米証券取引委員会(SEC)は、サム・バンクマン-フリード氏をはじめとする3人の元FTX幹部を告訴したが、これでSECの捜査が終わるわけではない。ロイターは先日、 ... The post FTXに投資したVCの責任は?【コラム】 first appeared on coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン.

シンプルな5つのステップで暗号資産規制を:ビットゴーCEO【オピニオン】

FTX破綻によって、暗号資産(仮想通貨)規制がついに、2023年のアメリカにおける立法の議題になることは確実となった。2022年に提案された法案は6つ。内容が多 ... The post シンプルな5つのステップで暗号資産規制を:ビットゴーCEO【オピニオン】 first appeared on coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン.

ビットコインとS&P500、ゴールデンクロスが目前 ──ただし、毎回上昇するわけではない

ビットコイン(BTC)とウォール街の株式指数であるS&P500は、しばしばトレーダーを歓喜の渦に巻き込む強気のテクニカルシグナル、ゴールデンクロスの寸前 ... The post ビットコインとS&P500、ゴールデンクロスが目前 ──ただし、毎回上昇するわけではない first appeared on coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン.

2023年に潜在的な利益を探してい&# […] The post Crypto Gaming Arcade、Metacadeは2023年に10倍になる可能性!知っておきたいポイント appeared first on CoinJournal.

重要なポイント イーサリアム&#123 […] The post イーサリアム分析:来月の上海アップグレードに向けたヘルスチェック appeared first on CoinJournal.

重要なポイント クリプトバン&#124 […] The post 1月まとめ:ブルが首位に返り咲くも、米連邦準備制度理事会(FRB)に注目が集まる appeared first on CoinJournal.

レガシーゲームは今後、メタ&#1249 […] The post トップメタバースの暗号プロジェクト Metacade (MCADE) と Decentraland (MANA) の2月の価格予測 appeared first on CoinJournal.

ブロックチェーン技術は、イ&#1253 […] The post Cardanoの価格予測は厳しいが、Metacadeは月明かりに照らされる appeared first on CoinJournal.

イーサリアムL2「Optimism」、初のアップグレード「Bedrock」は3月実施を提案

仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」のOptimism Foundationは、ネットワーク初となるアップグレードBedrockの実施時期を3月にすると提案した。

OpenSeaの牙城を崩せるか? プロトレーダー向けNFT市場「Blur」の戦略とは

イーサリアムのNFT経済圏では、プロトレーダー向け NFTマーケットプレイス「Blur」のシェアが急拡大している。2月1日時点でBlurの出来高は7,248 ETH(15億5900万円)でOpenSeaを上回った。

平議員「なぜ日本の政策にweb3が必要なのか」 岸田総理は前向きな答弁

自民党web3 PT座長の平将明議員は、衆院予算委員会にてデジタル分野における国家課題(政府のweb3政策)について質問を行い、岸田総理は前向きな見解を示した。web3には暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン、NFT、メタバース、DAOなどが含まれる。

テザーCTO、セルシウスからの借入を否定 破産報告書に反論

テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者は、破綻した暗号資産(仮想通貨)融資企業セルシウスの破産報告書で指摘された融資内容について強く否定した。

米OpenAI、対話型AI言語モデル「ChatGPT」でサブスクプラン発表

米OpenAIが、世界各国で流行するAI言語モデル「ChatGPT」の月額20ドルのサブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」を発表した。ChatGPT無料版は引き続き提供し、ユーザー獲得に結びつける方針だ。

  • 中国では中央銀行の元幹部が厳しい仮想通貨規制を見直すよう呼びかけ、仮想通貨解禁の意見が出始めている。 中国では中央銀行の元幹部が厳しい仮想通貨規制を見直すよう呼びかけ、仮想通貨解禁の意見が出始めている。 中国人民銀行(PBoC)の金融政策委員会の元委員ある黄益平氏は、中国政府は仮想通貨取引の禁止が長期的に持続可能かどうかを改めて考えるべきであると主張している。 サウスチャイナモーニングポストによると、黄氏は12月の講演で、中国におけるフィンテックの将来について懸念を表明している。 黄氏は、仮想通貨の永久禁止は、ブロックチェーンやトークン化に関するものを含め、金融システムにとって多くの機会を逃す結果になりかねないと指摘した。仮想通貨関連技術は金融システムにとって「非常に価値がある」と述べている。 同氏は、「仮想通貨の禁止は短期的には現実的かもしれないが、長期的に持続可能かどうかは、綿密な分析に値する」とも述べている。また、仮想通貨に対する適切な規制の枠組みを構築することの重要性を強調したが、それが簡単な作業ではないことには同意している。 中国にとって仮想通貨がもたらす潜在的な長期的利益について再考する必要を指摘した一方、黄氏は依然としてビットコイン(BTC)のような仮想通貨には多くのリスクがあることも強調した。 黄氏は、ビットコインは本質的な価値がないため、通貨というよりもデジタル資産に近いと主張した。また、ビットコインの取引のかなりの割合が違法取引に関連しているとも主張している。 現在北京大学の教授である黄氏は、中国の中央銀行デジタル通貨が何年も前に開始されたにもかかわらず、広く普及するには至っていないことも認めている。さらに、デジタル人民元をベースにしたステーブルコインの発行を民間機関に認めることは、依然として「非常に微妙な」問題だが、その是非は検討する価値があると付け加えた。 中国は以前から「ビットコインではなくブロックチェーン」というスタンスで知られている。中国の習近平国家主席は2019年にイノベーションの手段としてブロックチェーンの採用を加速させるよう呼びかけている。同時に、中国政府は仮想通貨を厳しい態度を取っており、最終的には2021年に事実上すべての仮想通貨取引を禁止している。 このような禁止にもかかわらず、中国は2022年1月の時点で世界第2位のビットコインマイナーであり続け、国内にまだ大きな仮想通貨コミュニティが存在することを示唆している。公式データによると、中国本土の顧客は、仮想通貨取引禁止にもかかわらず、破綻した仮想通貨取引所FTXの8%を占めた。   
  • パウエル議長の記者会見やFOMC声明からは、利上げ停止や利下げ開始についての手掛かりはなかったものの、議長が「現状ではディスインフレのプロセスが始まったと初めて言える」と発言したことが市場には好感された模様だ。 著者 長谷川友哉(はせがわゆうや)ビットバンク マーケットアナリスト 英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。 2月1日のビットコイン(BTC)は続伸し300万円を回復した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の最終日を迎え、この日の相場は警戒感から300万円周辺で概ね横ばいで推移しつつ、欧州時間からドル円相場が下げ足を速めたことでやや上値を重くした。注目のFOMC声明では、市場の予想通り25ベーシスポイント(bp)の利上げが発表された一方、利上げ継続が示唆され、相場は一時不安定となるも、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見が始まると一転して上昇一色となり307万円まで戻した。足元では、既に310万円を試す展開となっており、ドル建てでは節目の24,000ドル(≒308.5万円)を回復している。 第1図:前日のBTC対円(左、1分足)と直近3カ月のBTC対円(右、日足)チャート 出所:bitbank.ccより作成 続きはこちら
  • 格付け会社ムーディーズによると、マンゴー・マーケッツの開発者アブラハム・アイゼンバーグの起訴は、分散型金融(DeFi)分野に好影響を与えるだろうとのことだ。 格付け会社ムーディーズによると、マンゴー・マーケッツの開発者アブラハム・アイゼンバーグの起訴は、分散型金融(DeFi)分野に好影響を与えるだろうとのことだ。 ムーディーズ・インベスター・サービスの1月31日のブログで、分散型金融担当アシスタント・バイス・プレジデントのクリスティアーノ・ベントリチェリ氏は、1月に米国の市場規制当局による措置は、DeFiが「より安全で歓迎すべき環境」に向かっていることを意味すると述べている。 「SECとCFTCの双方が、不正取引とされるトレーダーによる市場操作に対して行動を起こしたことは、業界全体にとってプラス材料である」 ベントリチェリ氏は、これらの措置により、「オープンソースプロトコルの管轄が明確でないため、ほとんどの場合、規制が難しい分野であったDeFi業界の監視を改善することができる」と指摘する。 1月20日に米証券取引委員会(SEC)が、1月9日に米商品先物取引委員会(CFTC)が、相場操縦の疑いでアイゼンバーグを起訴している。 2022年6月に欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド総裁が欧州議会で演説し、欧州での仮想通貨規制MiCA を分散型金融にも「拡大」すべきと主張したことに触れ、ベントリチェリ氏はDeFiの領域が「もはや無法地帯ではない」と指摘している。 ベントリチェリ氏は、DeFiの規制が整備され、より安全な環境になれば、個人投資家だけでなく、銀行などの機関投資家にも普及する可能性があると主張する。 CFTCの訴状によれば、アイゼンバーグ氏は「マンゴー・マーケッツが提供するスワップの価格を人為的につり上げるための操作的で欺瞞的なスキームに関与していた」"とされている。 マンゴー・マーケッツを運営するマンゴー・ラボは1月25日、2022年10月にプラットフォームを悪用したとし、アイゼンバーグ氏に対して4700万ドルの損害賠償と利息を要求する独自の訴訟を起こしている。  
  • 2022年を振り返ると、ADAは多くの暗号資産と同様、年間を通して下落傾向にあり、8月まではビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と比べてやや低い程度のパフォーマンスで推移していたが、9月以降はそれらの暗号資産を大きくアウトパフォームしている。 著者 DMM Bitcoin マーケットレポート プロフィール:暗号資産交換業者。DMM Bitcoinなら、豊富な取扱い暗号資産(仮想通貨)種類でお取引が可能です。厳重なセキュリティで、お客様が安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供します。最短当日に口座開設可能。(暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3189号、加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会) 期間:2023/1/1~2023/1/31 2023年の年初以降、暗号資産の時価総額は大きく上昇している。 1月において時価総額を86%も上昇させたエンジンコイン(ENJ)は、昨年リリースしたエンジンウォレット2.0が今年に入りiOSに対応したことや、ENJのサービス領域であるNFT分野が復調傾向にあることにより大幅に上昇しているようだ。 同期間で時価総額を84%伸ばしたアバランチ(AVAX)も、プラットフォームにおけるノード運営において、クラウドインフラの市場シェアで1位を誇るAWS(Amazon Web Services)が利用可能になるというビッグニュースに加え、カナダ最大の企業であるShopifyもアバランチのNFTが作成・販売できるようになることも大きな上昇要因のようだ。 これらに次いでカルダノ(ADA)も時価総額を56%上昇させるパフォーマンスを発揮しているが、果たしてこのまま好調を維持できるだろうか。まずはこれまでの推移をおさらいしよう。 続きはこちら
  • JPモルガンが行った新しい調査によると、機関投資家のトレーダーの実に72%が2023年に「仮想通貨/デジタルコインの取引を行う予定はない」と答えている。 JPモルガンが行った新しい調査によると、機関投資家のトレーダーの実に72%が2023年に「仮想通貨/デジタルコインの取引を行う予定はない」と答えている。 JPモルガンの「e-Trading Edit」第7版では、2023年のトレーディングパフォーマンスに影響を与えるテクニカルな展開やマクロ経済要因について、「世界60拠点」のトレーダー835人を対象に調査を実施している。調査期間は2023年1月3日から1月23日だ。 この調査では、デジタル資産をめぐるトレーダーのためらいが明らかになっている。デジタル資産市場で取引を継続するか、今年中に取引を開始すると回答したのは、わずか14%だった。 残りの14%の回答者は、今年は投資する予定はないが、今後5年以内に投資する可能性があると回答している。 JPモルガンが調査した機関投資家トレーダーの92%は、調査時点では、投資ポートフォリオにデジタル資産市場へのエクスポージャーを持たなかった。 72% of institutional traders don’t plan on touching the digital asset market in 2023. Source: JPMorgan.回答者の半数近くが、日々の業績を上げるための最大の課題として市場のボラティリティを挙げており、これがデジタル資産が避けられている要因のようだ。 2022年に米連邦準備制度理事会(FRB)が実施した引き締め策も影響していると思われ、22%がトレーディングのパフォーマンスを阻害する最も影響力のある要因として流動性の確保に関する懸念を挙げている。 JPモルガンの別の世論調査では、回答者の30%が景気後退リスクを最も注意すべきマクロ経済要因として挙げ、26%がインフレが取引結果に最も影響すると考えている。 なお、トレーディングとは、通常、短期的な利益を目的として、数週間、数日、数分のうちに株式や資産に飛びつくことを指し、投資家は長期的な展望を持っていることに留意する必要があるだろう。
  • 南アフリカの食料品小売店Pick n Payは、39店舗での3ヶ月間の試験運用を経て、1,628店舗すべてでビットコイン(BTC)を受け入れるようになった。 南アフリカの食料品小売店Pick n Payは、39店舗での3ヶ月間の試験運用を経て、1,628店舗すべてでビットコイン(BTC)を受け入れるようになった。 ユーザーは、スマートフォンのアプリを利用するか、QRコードをスキャンして、支払い時に南アフリカランドの換算レートを受け入れることで、仮想通貨を使用して商品の支払いができるようになる。 BTCでの支払いには、ビットコイン・ライトニング・ウォレットと、ビットコイン・ライトニング・ウォレットと連携したクリプト・コンバート社のスキャナアプリ「CryptoQR」が必要となる。決済の流れとしては、ユーザーがCryptoQRアプリで商品のQRコードをスキャンし、ウォレットに進み、レートの確認と取引を完了させる必要がある。 ツイッターの中では、Pick n Payの店舗で日用品の支払いにビットコインを使用した経験を共有している人もいた。 My first #Bitcoin ⚡️payment at @PicknPay for a life essentially @CryptoConverted @ctw_podcast pic.twitter.com/tWSnGIH4Yd— DrLuke ₿ (@DrLuke_B) February 1, 2023 この動きは、南アフリカの金融規制当局である金融セクター行動庁(FSCA)が10月に金融関連の法律を改正し、暗号資産を金融商品として分類したことを受けたものだ。この法改正では、南アフリカで初めて仮想通貨を規制対象とし、金融サービス事業者が国内外で暗号資産を提供できるようにしたものだ。  
  • 昨日のBTC相場は上昇。FOMC直後に23,000ドル(約300万円)を割り込んだが、FRB議長会見が開始すると切り返し、23,000ドル台後半に値を伸ばしている。 著者 松田康生(まつだやすお)楽天ウォレットシニアアナリスト 東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。 ポイント ・23,000ドル台後半に反発 ・FOMC直後に下げるも、議長会見で切り返す ・議長はあと2回利上げを議論とするも、市場は1回利上げで打ち止めシナリオを捨てず ・本日はECB理事会だが、明後日の米雇用統計に注目か 昨日のBTC相場 昨日のBTC相場は上昇。 FOMC直後に23,000ドル(約300万円)を割り込んだが、FRB議長会見が開始すると切り返し、23,000ドル台後半に値を伸ばしている。 BTCは、週明けに24,000ドル(約310万円)手前で跳ね返されると、FOMCを前に様子見姿勢から23,000ドルを挟んでのもみ合い推移が続いた。 ISM製造業景況感指数は47.4と予想48.0を下回ったことで米株が下げたことを受け、BTCも若干値を下げたがFOMCを控え反応は限定的だった。 注目のFOMCでは事前予想通り25bp利上げとなったが、声明文で「インフレ率が(中略)高止まりしている」とされたことを嫌気してか、22,000ドル台半ばに値を下げた。 続いてパウエル議長の記者会見が始まると、議長の冒頭のコメントが終わると警戒したほどのタカ派なメッセージが無かったと受け止めたせいか米株が上昇、ドル売り、米長期金利が低下する中、BTCは切り返した。 上院民主党の重鎮エリザベス・ウォーレン議員がツイッターで議長に利上げ停止を求めたこともやや影響したか。 その後の質疑応答で議長が利上げを止めないのかとのWSJの記者の質問に対しあと2回程度(a couple)の利上げを議論していると回答、米長期金利の低下やドル売りが一旦止まったが、米株とBTCの上昇は続いた。 引けにかけ米株が反落してもBTCの上昇は続いたが、24,000ドル手前で一服している。 本日のBTC相場 続きはこちら
Japanese JP